ブロトピ:はてなブログの更新報告♪

ナティの考察牧場

真実を探す旅

【サウスパーク】アドレナクロム を扱った意図/ナティの考察牧場

みなさんはアドレノクロムをご存知でしょうか?

f:id:learn-english:20210418185820j:image

 

最近ではトランプ支持者だったQアノンが若がえりの液体として叫び続けていた、子どものしょうかたいからとれる永遠の若さを手にすることのできるドリンクがアドレノクロムです。急にそんなこと言われてもしんじられませんよね?でも少し気になりません?何かしらの支配から逃れようこそ。ナティの考察牧場へ。今回はアドレノクロムの歴史をみなさまにお伝えします。最近急にふってわいた話でもありませんことと、以前の情報に何を足していって今のアドレナクロム の定義になったのかをご理解いただきたく存じます。

動画を記事で見る。ナティが配信してます。

このようにサウスパークでアドレナクロムが流れていました。

 

今回はこのアドレナクロムについてときあかします。

 

アドレノクロムは別名エピネフリンとも呼ばれます。体のストレスホルモンであるアドレナリンの酸化によって生成される化合物です。 アドレノクロムはどのような噂でひろがっているのかをよりよく理解するには、エピネフリンについて少し背景を知っておく必要があります。 ストレスの多い、刺激的な、危険な、または脅迫的な状況に遭遇すると、副腎といくつかの中枢神経系ニューロンがアドレナリンまたはエピネフリンを血流にすばやく放出します。 1901年にアドレナリンが発見された直後、それは医療用途にもあることがわかりました。自動注射器であるエピペンの有効成分です。エピネフリンは、心停止を逆転させるために使用される主要な薬でもあります。 また、急性喘息発作の際に患者に投与したり、傷口に塗布して出血を遅らせたりすることもあります。一方、アドレノクロムは、「米国では承認された適応症はありません」と、オハイオ州クリーブランドにあるケースウエスタンリザーブ大学医学部の医学毒物学者、救急医、助教授であるライアンマリノ博士は述べています。「おなじように扱われることもありますが実際にはエピネフリンと同じように機能することは示されていません。」その医学的利益の証拠がほとんどないため、アドレノクロムは米国食品医薬品局によっていかなる使用も承認されていません。 さてオズモンドとホッファーは、LSDやメスカリンなどの薬物の潜在的な治療効果を調査する新しい研究に着手し始めていました。それがアドレナクロム とつなげられて話がひろがります。

 

(オズモンドは後に幻覚剤を指すために「サイケデリックス」という用語を作り出しました。)またアンソニー・バージェスディストピア風刺「時計じかけのオレンジ」のペンネーム「drenchrom」で紹介されました。 さらにフランク・ハーバートの「Destination:Void」にカメオ出演しました。そしてサイケデリックスの名作「ラスベガスをやっつけろ」で表現しました。しかし、スペインの作家エドゥアルド・イダルゴ・ダウニングは、回想録「アドレノクロムとその他の神話上の薬」の中で、アドレノクロムには「向精神薬としての価値はない」と述べさて、アドレノクロムには「向精神薬としての価値はない」とのべてます。

 

今回のサウスパークの放送の意図はなぞです。

はたして真実を拡散する意図でサウスパークは流されたのか、もしくはもともとあるネタが誇張されていったことを描いているのでしょうか?もしよければ今回の動画を考察材料にしてみてください。最後まで見ていただきありがとうございました。またね。